社会人が統計学の基礎を学び、実務で活かす

Rコード:関数の下の指定の定義域(ドメイン)部分に色をつける。

スポンサーサーチ

関数グラフの下に色をつける方法

今回はRを用いてベル型分布(正規分布)などの関数のグラフの下に色をつける方法を紹介します。

連続型の確率密度関数のグラフはcurve()関数を用いて、下記のように描くことができます。


rplotnocolor

これは成人日本人男性の身長の分布を近似した正規分布の確率密度関数です。dnorm(x,171,10)は平均値171、標準偏差10の正規分布という意味です。さらにxlim=c(140,210)を利用してグラフの範囲をxが140から210になるように指定しています。

ここで例えば、以下のようにこのグラフの160cmから180cmの部分の下側に色をつけるのにはどうすればよいでしょうか?


rplotwithcolor

•コード

上記のように、polygon関数を用いて指定の部分に色をつけることができます。なお、cord.xとcord.yは色をつける部分を指定した変数ですので、別に違う名前でも構いません。色はスカイブルー(skyblue)に指定していますが、”red”でも”yellow”でも好きな色を指定しましょう。

なお、このグラフは確率密度関数、確率質量関数とは何か?で紹介されているものです。

以下がタイトルも含めたグラフとコードです。


rplotwithtitle

•コード


プログラミングとソフトウェア

スポンサー募集中。

統計ドットリンクでは広告出稿をご希望のスポンサー様を募集しております。ページビューなどは、「お問い合わせ」からご連絡ください。

更新・勉強会などの情報を受け取る。

以下からFacebookページをフォローもしくは、メールマガジンへの登録をすると、更新情報、勉強会、講習会、交流会の案内など各種情報を受け取ることができます。

↑こちらからFacebookページをフォロー。
 

メルマガ登録はこちら

理系の就職・職業訓練

統計ドットリンクでは、理系の大学生、大学院生、第二新卒の就職や転職を応援しています。職業訓練、求人やエージェントなどの必要な情報を選別し、紹介しています。 就職、職業訓練の情報を確認する。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.