社会人が統計学の基礎を学び、実務で活かす

Rコード:凡例の横幅を広げる。(文字が入り切らない時)

スポンサーサーチ

凡例に文字が入り切らない時の対処法

Rのグラフやプロットに凡例を入れたい時はlegend()関数を使いますが、文字列が長いときには、凡例の枠の中に文字が収まり切らないときがあります。

例えば以下のように右上(“topright”)に「正規分布」という凡例を入れようとすると、「正規分」と表示され、最後の「布」の文字が欠けてしまっています。


rplot1

そこで、legend()の最後にtext.width=1.5として、テキストの長さを1.5メモリ分にしてみます。


rplot2

このように、「正規分布」の文字が欠けないように凡例として挿入することができました。


プログラミングとソフトウェア

スポンサー募集中。

統計ドットリンクでは広告出稿をご希望のスポンサー様を募集しております。ページビューなどは、「お問い合わせ」からご連絡ください。

更新・勉強会などの情報を受け取る。

以下からFacebookページをフォローもしくは、メールマガジンへの登録をすると、更新情報、勉強会、講習会、交流会の案内など各種情報を受け取ることができます。

↑こちらからFacebookページをフォロー。
 

メルマガ登録はこちら

理系の就職・職業訓練

統計ドットリンクでは、理系の大学生、大学院生、第二新卒の就職や転職を応援しています。職業訓練、求人やエージェントなどの必要な情報を選別し、紹介しています。 就職、職業訓練の情報を確認する。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.