社会人が統計学の基礎を学び、実務で活かす

Pythonでt検定(平均値の差の検定)、又はWelch検定、を行う方法

スポンサーサーチ

当ページではPythonを用いて二つの母集団における平均値に差があるかどうかの統計的仮説検定(t検定,Welchのt検定)を行う方法を紹介します。

なお、統計的仮説検定、P値、有意差、t検定については既に学習をしているものとしますので、これらの概念に自信がない方は、「統計学の基礎」のセクションで学習してください。

まずは、必要なライブラリをインポートします。

今回は日本人とアメリカ人の成人男性を10人づつランダムにサンプリングして、平均身長に差があるかどうかを結論づけることができるか検定してみましょう。

H_{0}:\mu_{Japanese}=\mu_{American}

H_{A}:\mu_{Japanese}\ne \mu_{American}

以下のコードで日本人とアメリカ人10人づつを抽出します。

抽出された日本人10人の身長:
>>> print(Japan)
[ 180.7 167.3 167.8 164.6 176.2 157.2 181.5 166.4 172.9 169.5]

抽出されたアメリカ人10人の身長
>>> print(US)
[ 193. 175.1 175.8 171.4 186.9 161.6 194. 173.9 182.6 178. ]

以下のコードで抽出された日本人とアメリカ人10人づつの身長の分布を確認することができます。

それでは早速、t検定を行ってみます。

ここでは「equal_var = True」を指定することにより、日本人男性とアメリカ人男性の身長の分散が等しいことを仮定しています。

P値が0.039となり、帰無仮説を棄却することができます。

次に二つのグループの分散が等しいと仮定できない場合に行うWelchのt検定を行ってみましょう。

P値が0.04となり、この場合も帰無仮説を棄却することができます。

※記事を書くのに以下のページを参照しました。

scipy.stats.ttest_ind
https://docs.scipy.org/doc/scipy/reference/generated/scipy.stats.ttest_ind.html


プログラミングとソフトウェア

スポンサー募集中。

統計ドットリンクでは広告出稿をご希望のスポンサー様を募集しております。ページビューなどは、「お問い合わせ」からご連絡ください。

更新・勉強会などの情報を受け取る。

以下からFacebookページをフォローもしくは、メールマガジンへの登録をすると、更新情報、勉強会、講習会、交流会の案内など各種情報を受け取ることができます。

↑こちらからFacebookページをフォロー。
 

メルマガ登録はこちら

理系の就職・職業訓練

統計ドットリンクでは、理系の大学生、大学院生、第二新卒の就職や転職を応援しています。職業訓練、求人やエージェントなどの必要な情報を選別し、紹介しています。 就職、職業訓練の情報を確認する。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.